[HOME]  [ビーバー隊] [カブ隊]  [ボーイ隊]  [ベンチャー隊]  [ローバー隊]  [団・育成会]
[入団について] [無線クラブ]  [リンク]  [掲示板(会員のみ)]  [写真館]



対象年齢:小学校6年生4月〜中学校3年生3月




Scout Troop,1st Chiryu Group,Hekikai District,Aichi Scout Council,SAJ

★★★ボーイ隊のブログ★★★

班で協力して、班活動バッチを取ろう!!



活動報告
2020年9月20日(日) 晴れ
テーマ
 フィーーッシュ-!!
活動目標
 仕掛けを作ることで結索を学ぶ
 釣りのマナーを学ぶ
 夜釣りの安全について知る
参加人数
 スカウト:10名
 指導者:1名
 インストラクター:1名
 団委員:2名
9月の隊集会は夜釣りを体験しました。午後からスカウトハウスに集合して仕掛けについて、結索法、釣りのマナー、夜
釣りの安全について講習を行いました。その後釣り場へ出発しました。釣り場に到着いたころには陽も傾き、心地よい
潮風に吹かれながら仕掛けつくり、夕食後夜釣りを開始しました。釣果は「ハゼ」「セイゴ」「ゴンズイ」「カサゴ」「ワタリガ
ニ」などが釣れました。釣れた人も、釣れなかった人も昼間と違った夜釣りの楽しさを体感したのではないでしょうか。 
                                                                     T.S
開会セレモニー
てんとう虫と一緒に
インストラクターによる仕掛けについての講習
隊長によるマナー・安全についての講習
トナカイ班の釣りの風景
ウグイス班の釣りの風景
見慣れない魚にびっくり「ゴンズイ」
ワタリガニとハゼ
閉会のセレモニー お疲れさまでした



B−Pの最後のメッセージ

スカウト諸君
「ピーターパン」の劇をみたことのある人なら、海賊の首領が死ぬ時には、最後の演説をするひまはないにちがいないと思って、あらかじめその演説をするのを、覚えているであろう。私もそれと同じで、今すぐ死ぬわけではないが、その日は近いと思うので、君たちに別れの言葉をおくりたい。

 これは、君たちへの私の最後の言葉になるのだから、よくかみしめて、読んでくれたまえ。私は、非常に幸せな生涯を送った。それだから、君たち一人一人にも、同じように幸福な人生を、歩んでもらいたいと願っている。

 神は、私たちを、幸福に暮らし楽しむようにと、このすばらしい世界に送ってくださったのだと、私は信じている。金持ちになっても、社会的に成功しても、わがままができても、それによって幸福にはなれない。幸福への第一歩は、少年のうちに、健康で強い体をつくっておくことである。そうしておけば、大人になった時、世の中の役に立つ人になって、人生を楽しむことができる。

 自然研究をすると、神が君たちのために、この世界を、美しいものやすばらしいものに満ち満ちた、楽しいところにおつくりになったことが、よくわかる。現在与えられているものに満足し、それをできるだけ生かしたまえ。ものごとを悲観的に見ないで、なにごとにも希望を持ってあたりたまえ。

 しかし、幸福を得るほんとうの道は、ほかの人に幸福を分け与えることにある。この世の中を、君が受け継いだ時よりも、少しでもよくするように努力し、あとの人に残すことができたなら、死ぬ時が来ても、とにかく自分は一生を無駄に過ごさず、最善をつくしたのだという満足感をもって、幸福に死ぬことができる。幸福に生き幸福に死ぬために、この考えにしたがって、「そなえよつねに」を忘れず、大人になっても、いつもスカウトのちかいとおきてを、堅く守りたまえ。神よ、それをしようとする君たちを、お守りください。


君たちの友

Baden−Powell
「スカウティング・フォア・ボーイズ」昭和56年版より